• 商品一覧
  • ご利用方法
  • お支払い方法
  • よくある質問
  • 作品紹介
スタッフブログ
ホーム > スタッフブログ > OEM事業 > フリースの毛羽不着案件

フリースの毛羽不着案件

2015年08月05日 OEM事業

アパレルのOEMならワールドモーションへお任せ♪

先日フリースの毛抜け問題等の対策は生産前の準備として、
検査結果に基づく対応が大事ですよ~とこの公式ブログで
ご紹介したばかりですが、、、なんと・・・
他人ごとでは無く、弊社管理分でも同じ案件が先日発生!!

まあ、ご説明の通りに事前検査にて十分すぎる基準達成を
確認後に生地裁断等を進めておりますので
弊社管理では問題なく「説明」で解決しました。

先上げサンプルを見た小売店のバイヤーさんが、
「毛が抜けるけど、これヤバいよね?」とご指摘。
アパレルメーカーさんより、弊社に「大丈夫なの?」と相談。
弊社作成分なので、その場で「生地・品質検査報告書」を
取り急ぎメールしてバイヤーさんにテープ検査という物の
説明からさせていただき、量販店等での検査基準、
そして今回納品するフリースの級数を提示してじゅうぶんご理解を
頂けたと同時に弊社の管理方法にご評価を頂けました。

納め側としても、お客様にしっかりと説明出来る商品を
扱いたいっていうのは必ずあるものです。。

そして、今回バイヤーさんがご指摘されたのは
合格基準3級に対して4.5級(5段階)の製品でした。
要するに、フリースは満点に近いものでも
クレームに繋がっておかしくない素材ということ。

なので、事前の検査とロット検査などの重大さが
分かりますよね。

 

冬物OEM、何かお困りのことがあれば
ワールドモーションまでご相談下さい♪

 

Pocket