• 商品一覧
  • ご利用方法
  • お支払い方法
  • よくある質問
  • 作品紹介
スタッフブログ
ホーム > スタッフブログ > OEM事業 > 紫外線防止基準の最高値

紫外線防止基準の最高値

2015年01月12日 OEM事業

 

世間は連休最終日。。
ワールドモーションのOEM事業部は、今日も工場さんと
連絡を取り合っています。

その方法はいろいろ。。

時にはSKYPE。。時には中国で誰もがダウンロードしている
微信。。日本での確認等にはLINEをも。。
海外とのやり取りではよっぽどの緊急時以外は
無料アプリを使って少しでも管理費を下げるべく
頑張ってます。

 

日本国内では、スマホはかけ放題ですしね。
やり方によっては今は通信費においては節約出来ますよね。

今後もここの経費削減は努力していかないとですね。

 

今日は工場さんから今日出荷のサンプル出荷内容に関しての
やりとりがメインでした。
我々の先のお客様が、早い物で今週より来年の冬物の中でも
後半戦の商品をご商談されるので、
そこで使う商談用サンプルを今日に出荷するべく頑張ってます。

もう一週間早く言ってくれれば・・・という本音の想いは押し殺して。。
工場さんとやり取りをしております。

 

もう一方のお客様は盛夏物を今週にご商談なので
そこでオーダー予定の条件チェックを実施。
そこで出ているのが表題にある
紫外線対策である「UPF50+」。。

紫外線防止基準の最高基準になります。

弊社でOEM生産するのがこの基準をクリアしたラッシュガード。

 

サーフィン

サーフィンをされる方だとお詳しいと思いますが、
ラッシュガードはもともとウエットスーツと体が擦れてしまうので
体の保護や保温、日焼け止めを目的として開発されたんですね。

ラッシュT

 

 

ただ、最近では日焼け止め目的をメインに捉えて着用される方が
海やプールでも多く増え、一般的な水着廻りのアイテムとして
活用されるようになりました。

ラッシュパーカー

 

そうなると・・・・

やはり、紫外線防止基準は大事な検査項目となってきますよね。

UPFは紫外線B波を防ぐ数値で、UPF50とは何も肌につけていない状態と
比較して日焼けするまでに50倍の時間が掛かることを示す数値です。

すごいですっ。。さすが最高基準・・・。きびしい~。

ただ、この紫外線B波は大事でして・・

紫外線A波は皆さんご存知の様に、シミ・そばかすなどを誘発するものとして有名。
そして、このUPFで判断する紫外線B波は・・皮膚がんを誘発する恐れがあると
言われるもの。。なので大事ですよね。

一般的にUPFは15以上が良いとされ、UPF50+はその規格基準の最高レベル。

これを各色でクリアーしないとダメと言われてますので、
生地の生産前から色々と打ち合わせを実施しております。

 

と、ここまで聞くと・・・

 

「さぞかし高額などこかの有名スポーツ専門ブランドのOEM?」と
思われるかもしれませんが。。。

 

安価な量販店でここの皆様も一回はお買いものされたことがある様な
ところです^^

 

安い値段でも最高基準の商品が買えるのは日本だけと思いますよ。

 

アパレル業界人は涙も出ないほどの努力をして、
陰で支えてますっ :cry:

 

ということで、今日は紫外線防止基準について
ちょろっとご紹介しました。

 

来年は自作品を着用して久々にサーフィンでも・・・と思ったら
メンズの受注は無いそうです・・・

 

 

Pocket