• 商品一覧
  • ご利用方法
  • お支払い方法
  • よくある質問
  • 作品紹介
スタッフブログ
ホーム > スタッフブログ > OEM事業 > 上海出張レポート♪<アパレルOEMならワールドモーション>

上海出張レポート♪<アパレルOEMならワールドモーション>

2016年02月05日 OEM事業

旧正月(春節)前後の工場とのスケジュール確認ということで、
年間通して一番危険なこの春節。。
ワールドモーションでは現地にOEM担当スタッフを
1人送り込んでの対応です。

今年の旧暦の正月は2/7です。
アパレルの世界では、3/21から初夏物を入れ始めるので
動きとしては2/21より3/21の方が大きいので
極力この中国のお休み期間が、前倒しで済んでもらえれば
一番良いのですが今年はやや遅い感じですね。
その割に、毎年毎年そういう傾向がありますが
田舎(地元)への帰省が早い。。

ギリギリ打ち合わせが出来た・・っていう
工場管理者が続発(笑)
通常、縫い子さんであったり現場の人が
早めに帰ったりというのは以前からあったのですが
ここ数年は管理者の帰省も開き直ってなのか早いです。

2/7があちらの元旦ですから・・
1月中旬~2月末(工場の特性にもよりますが)は
生産に関してアテに出来ないというか・・・
人がいないって考えます。
この計算式を間違えると、
納期遅れに繋がります。

この時期の納期遅れはAIRに切り替えても
絶望的なレベルで一か月等の遅れになります。
しかも大事な、本当にマズイお客さんから
優先順位をつけて対応しますから
安くて工場泣かせのオーダーは最後の最後に考えようかって
なっちゃうんですね(笑)

今回、この危険なシーズンに関しては
絶対大丈夫な物と量しか入れませんので
ワールドモーションは無事故・・無違反で
旧正月前後のハンドリングを納めることが出来そうです。

ただ、ここ最近で相談を受けた内容としては

・堅牢度不良で日本で加工処理
  (スケジュールが崩れ、納期を日本側でプッシュ。
 生地のソーピングする時間を短縮した結果。。)


・縫製のパンク多発によるロット不良
(スケジュールが崩れ、納期を日本側でプッシュ。
 縫製時間を短縮し、日系企業による第三社検品を省略した結果。)

など、他にもこの手の話はこの時期つきませんね。
原因は旧正月前後のスケジュールを工場任せに
「信用」して投げっぱなしにしてたから。。
そこなんですよね。日本人は信用するの早いですから(笑)

今年、旧正月絡みのアパレル納品で
今・・そしてここから数週間・・
胃が痛い思いをされるメーカー担当者様。。。

ぜひワールドモーションのOEMを
お試しください。

御相談お待ちしております。

 

 

Pocket